« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/30

ようやくいけた Quatre Feuilles (カトルフィーユ) @円山(札幌)

ポロコでも今年の口コミNo.1

Quatre Feuilles (カトルフィーユ)@円山 にいってきました。ようやく。

おもったより、小さいお店。でも本当に、すてきでした

そして、うまい。バケットは、北海道1じゃないかなー。

ペルティエの大納言(こちらのブログがくわしい)を彷彿とさせるんだけど、ペルティエよりは、ひきはなく、もっちり。粉の味が最高!!! 硬さはペルティエよりはない。本当にこうばしい!でも、ペルティエより、大納言はすくなしよん。 

こちらは、ソフト。でも、カトルフィーユは、ハードがおすすめですねー。

残念ながら、ポロコセットがなく・・(クロワッサン売り切れで)。

催事が、三越であるようですよ!詳しくはHPで。

写真は許可を得てとってますよぉ


札幌市中央区南3条西23丁目1-6

TEL:011-688-6246

OPEN 11:00-19:00 (月・火定休)

駐車場あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

RamaciPan@ニセコ

知る人ぞ、知る、ラマシパンです。事前に伝え、おもしろBOX(シーハイル@ヒラフ)下 で受け取りました。

本当にうまい。以前のレポなどは、横の検索BOXつかってみてください。

天然酵母で、北海道で似た味なのは、ラムヤートがそうかなー。でも、ラムヤートより、若干、やわらかめで、くせがない。もっちり感はそれほどなく、かといって、かたすぎもない。さっくりした感じ。つまった感じもそれほどない。

東京で、似ているところが少ない味だなー。broom&bloom@武蔵小金井のカフェ に似てるかなー。

ラマシのパンは、Pure Cafe@青山で食べられるはず。

札幌では、かわってなければ、青い空流れる雲で買えるはず。


以下、手作り天然酵母系のハードパン@北海道を 振り返る。

JIN@真狩村は、相当硬く、美馬牛の GOSHに似てる。

上にかいたように、ラームヤート@洞爺村 は ハード。ライ中心。

ゴーシュ@洞爺湖 は くせのない パン。

ねっちり、ひきもある エグヴィブ@忍路

ソフト系もうまい あるうのぱいん@美瑛

今は休止中。ソフトもっちりの SODACHI@富良野

香ばしさはヴァッカーノ@札幌市南区

くせおもっきりあるけど、やめられない やぎや@札幌市西区(やぎの酵母)


他にも沢山あるけど、私のお気に入りを羅列しました。パン好きの方は想像できるよね?

しっかし、ラマシパン。かわいいよね。こういう包装。


住所 不明
ネットから検索 通販可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

ベーグル専門店「BAGEL & BAGEL」が全商品リニューアル - ヨコハマ経済新聞

リンク: ベーグル専門店「BAGEL & BAGEL」が全商品リニューアル - ヨコハマ経済新聞.

実際、あんまり興味ないけど。一応。のせておく
ソフトすぎる・・・ここの・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

ニセコパン。ぐずぐず 花地蔵(初)

ニセコでパン屋といえば、ぐずぐず。(あぶちゃのパンもここがつくってます)。

相変わらずおいしいです。前より腰がないかんじなのが残念。寒いからかな。安定しないのかも(発酵)。

粉の味は抜群にいいです。

ただし、メロンパンは頂けない(らしい)。すかすか。

マフィン関係も以前より、軽めになっていたような・・・。

いまいち、「ひき」がなくなっていた。ハード系のパンも少し残念。


花地蔵。こちらも ぐずぐず の近く ひらふ泉郷ペンション街外れにある。本などで有名なお店。いったときには既にパンはほとんどなく。

甘いパンを相方のために購入。

ただ、こちらのメロンパンは、うまい。つまっていて、ほのかに甘い。

そう。相方はメロンパン空き。ちなみに、1位はキィニョンだそうです。

かぼちゃのデニッシュ カントリーブレッド メロンパンを購入。あとのパンは、うん。パンだなと思いました。
昼総合点★★★☆☆ 3.0


(写真は許可をとって紹介しています)
花地蔵 パン / 比羅夫駅
倶知安町 山田 76-86
TEL&FAX;0136-23-0331
OPENS: 08:00~16:30
CLOSED:水・木 (年2回、1~2週間休業いたします)祝日は営業
夏・冬は定休日なし

ぐずぐずは以前紹介。リンク先からどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »