« 誤った関連づけ | トップページ | セルハンディキャッピング方略 »

2005年11月 8日 (火)

均衡理論

ライダー同士ってどうしてか好意をもちません?ライダー同士の夫婦、カップル多い気がする(うちもそうだよ〜)

心理学では、類似性と対人魅力 とテーマで研究されています。

 類は友を呼ぶのはどうして。(るいとも!)

 自分の友人は自分と同類と思いがちという実験結果があります(友人間類似誤認といいます)。

この理由にはいくつかあげられますが、ここでは均衡理論で説明しましょう。


自分の感情は、つりあっている(均衡である)と楽ちんです(という仮説があります)

1)友だちがバイクが嫌いで(-)、自分はバイク好き(+)、自分は友だちが好き(+)

だとしたら、これはつりあってません(不均衡)。自分がバイク好きなのは事実だし、自分は友だちが好きなのは事実。あとは、変えられるのは、友だちはバイクが好きなはず!(+)と思うと、今度は均衡がとれています。つまり(2)

2)友だちがバイクが好きで(+)、自分はバイク好き(+)、自分は友だちが好き(+)

<考え方は、かけ算をして、−になると、不均衡といいます>

違うパターンを考えてみましょう。

3Q)ある人はバイク好き(+) 自分はバイク好き(+) だとしたら、均衡になるためにはどうしたらいいでしょう?

3A)自分は友だちが好き(+)

(と思おうとする・・・・友人間類似誤認

 バイク、ある人が大好きなら、ある人がバイクが好きなほうが、心が安定します。そのような安定を求めるため、ライダーはライダーを求めるのです。

さらに、おもしろい実験があります。

人は会って最初の時期に対人的な魅力(この場合、ライダーかどか)を判断します。実験では、最初に「あ、この人、自分と似ている」と思ったら惹かれます。また、仲良くなると、お互いの意見が影響しあい、だんだん似てくる・・・というわけです。

・・・うーん。ライダーカップルが多いのがわかるような気がする・・。


参考文献 笹山 郁生 1997 斉藤勇 編 人間関係トピック100 誠信書房

|

« 誤った関連づけ | トップページ | セルハンディキャッピング方略 »

心理学トピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 均衡理論:

« 誤った関連づけ | トップページ | セルハンディキャッピング方略 »